Blog ブログ

体験入学受付中

HOME // ブログ // 行動コミュニケーション学

Blog ブログ

CATEGORY


ブログ

行動コミュニケーション学

最初の研究から30年以上経ちました。大学などのアカデミックな場での研究ではないので、一般に認知されにくいのが現状です。しかし、多くの人たちが行動コミュニケーション学を通して人間関係が改善されたのも事実です。行動コミュニケーション学は学術的と言うより、学際的な内容となっています。心理学、脳科学、量子力学、医学の分野もカバーしています。

行動コミュニケーション学を使って活動している一般社団法人行動コミュニケーション協会は、1年間に4000名以上の方が受講されています(2019年1月まで)。5月には岐阜の駅前でタイプ調査をしました。約250名近い人たちを調査した結果、4タイプ均等にいることがわかりました。プログラム開発の初期から関わる人たちが行っている講座や学習会を入れると1万人以上の方が受講されています。


目次
行動コミュニケーション学の前提は「愛」
愛の動機付け
愛の行動を通してコミュニケーションを円滑にする
愛はすべての問題を解決します


行動コミュニケーション学の前提は「愛」
行動コミュニケーション学の根底は「愛からの動機付け」を中心に作られています。通常は「力の動機付け」です。
力の動機付けの特徴は、自分の欠けている部分を補う(達成する)と、ドーパミンが分泌されるので快感になります。ですから、私たちは欠けている部分を補うために、want(欲しているもの・欠乏しているもの)を明確にしていきます。ビジョンマップを作り、モチベーションを高めて成果を手にしていきます。私たちが今までの心理学や脳科学でも行っていた方法です。

愛の動機付けは、現在流行している「自己肯定感、自己効力感」を満たすことです。よく言われる自分を受け入れ認めることです。ここが満たされなければ、実はwant が明確にならないのです。

行動コミュニケーション学の前提は、愛の欠如を補うことで人間関係の問題を解決することです。そして多くの問題の殆どが人間関係であると言われているのです。職場でも家庭でも、あなたが誰かに対してイライラしたことを思い出してください。この時にイライラいした原因を考えてみてください。
□言うことを聞かなかった
□話を聴いてくれなかった
こういうことがありますが、その根底にあるのが「こんなにあなたのことを思っているのに」「あなたの役に立とうと思っていってるのに」というあなたの愛が伝わらないのです。

行動コミュニケーション学はこの欠乏した愛について焦点を合わせて研究がされました。

愛の動機付け
愛の動機付けには4つのパターンがあります。自己愛と家族愛、存在愛と隣人愛に分かれてきます。

自己愛:自己愛は、人間にとって必要なものです。 自分を愛する心は、人間が生きていく上で、何より重要なものだと言ってもいいはずです。 受容できることで、自分が自分の味方になれること、とも言えます。
(http://koteraclinic.jp/faq/421 より引用)

家族愛:家族関係の中で生まれる愛情や絆です。この家族とは、自分の情熱に賛同していることや、社長であれば社員のことを家族といいます。

存在愛:あまり聞かれないとは思いますが、存在するすべてが大切であるという感覚といっていいでしょう。地球の裏側の人も大切で愛する対象と考えます。

隣人愛:損得関係なく、地域社会に貢献するための愛です。

愛の行動を通してコミュニケーションを円滑にする
あなたの愛が伝わる方法を記しておきます。それは、その人のそばに行き、話を聴き、承認してあげ、その人のして欲しいことをしてあげることで解決します。
とっても簡単なことですが、最も難しい行動です。

あなたは誰のそばに行きますか。
問題行動をする社員ですか、家族の元に行きますか。
その人の話を一日聴く覚悟がありますか。
それをも承認することが出来ますか。
その人のして欲しいことを行動できますか。
行動コミュニケーション学は、実践するからこそ効果が生まれてくるのです。

愛はすべての問題を解決します
行動コミュニケーション学を学ぶと脳の仕組みによって、認識の仕方が違うことと、多重性知能を使って役割の違いを見ていくことができます。自己実現ではなく、最初からチームとしてどのように機能するかを教えています。毎日の出来事が新鮮で、新しい発見と成長の連続になります。
それは人は皆違うと言うことを明確に知り、受け入れ、愛し合うようになるからです。愛の方法を学ぶ新しい学問であることを知って欲しいです。できれば、学際的に調べて下さる方を募集します。




#チームビルディング #リレーションシップ #Relationship #リーダーシップ  
#信頼関係 #コミュニケーション #メンタルヘルス #マネジメント
#Integrity #人材育成 #HRD #コミュニケーション #メンタルヘルス
#ストレスマネジメント #コミュニケーションギャップ #脳力マネジメント
#すごさの認め方 #仲間のすごさの認め方
©株式会社リ・クリエイション
SHARE
シェアする
[addtoany]

ブログ一覧